KAJIGAKI BLOG

カジガキブログ/福岡の建築設計・環境・家づくり
<< ザビエル教会復元 | main | 聖堂再生 >>
サントリーニ

年末恒例の恩師を囲む会
サントリー二の青と白に魅了されつつ
会場となったダイニングキッチンのディテールにも目を奪われる
| 2009.12.22 Tuesday | 16:25 | 建築 | comments(6) |
コメント
未来を予感できる建築こそ「誇り」であり
優れた建築ではないでしょうか
これは宇宙開発や医療技術の研究と同じで
未来の人類にとって必要なこと
人類が幸福になるために建築は何ができるか?
いやいや正月早々 お堅いナー
| kajigaki | 2010/01/04 9:51 AM |
優れた建築が芸術であることは間違いないでしょう。
ただ、クライアントにとって優れた建築は、
芸術であるとは限らないと思います。
建築は思想、造形、意匠、歴史だけでなく、
経済性、機能性、公共性、風土などに影響されますので、
優れた建築とは何か単純には言えないでしょう。
やはり難しい問題ですね。
| ひよこ | 2010/01/01 5:50 PM |
優れた建築は何か
完成度の高さでしょうか?
ではその尺度は・・・
たしかに難しいです
精神性が高めらる建築はすばらしい
そうなると芸術の域ですね
建築はアートだと割り切れば・・・
いや100年生き残れば誇りでしょうか
うんことしっこを採取しながら考えてください
| kajigaki | 2009/12/31 10:11 AM |
建築に対してクライアントが想う「誇り」とは何か?
ですか。。。。。
タイで牛のうんこやしっこの採取をしている私には難しい問題ですね。。。
クライアントによって違うでしょうが、
やはり、その建築がどれだけ優れているかでしょうね。
優れた建築が何であるかは、
また難しい問題ですが。。。。
| ひよこ | 2009/12/30 1:01 PM |
今回が最後のようです。
建築に対してクライアントが想う「誇り」とは何か?
と宿題を出されました。
HIYOKOさんならどう答えますか。
| kajigaki | 2009/12/24 9:19 PM |
先生はまだ世界を旅されているのですか?
もう結構なお歳ですよね。
無礼にも長年便りも出していません。
いつかは「恩師を囲む会」に参加したいものです。
ところで、会場は先生の家ですか?
| ひよこ | 2009/12/22 6:52 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.kajigaki-ao.com/trackback/1301321
トラックバック
プロフィール
リンク
カテゴリ
アーカイブス
コメント
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode